【点滴療法】疲れている時にアルギニン?

こんにちわ!いつもヴェリテクリニック 名古屋院のブログをご覧いただき、まことにありがとうございます。
今回は当院でも取り扱っている点滴療法のアルギニンについて詳しくお伝えしたいと思います。

そもそもアルギニンとは?

私たちの体を作るタンパク質は20種のアミノ酸から出来ています。
そのうち9種類は必須アミノ酸といわれ、体内で作り出せないため必ず食べ物から取り入れなくてはなりません。

一方、体内で作り出せる11種類は、非必須アミノ酸といわれます。
アルギニンは非必須アミノ酸ですが体内で作り出せる量は少なく、不足分を食事で補う必要があるため、準必須アミノ酸、条件付きのアミノ酸と呼ばれることもあります。
特に幼児は体内で作り出す量が十分ではないため、食事からアルギニンを摂る必要があります。

アルギニンの効果は?

アルギニンは老若男女を問わず、幅広い効果が期待されており、欠かすこと のできない栄養素です。実際にどんな効果が期待できるのか具体的にご紹介します。

成長を促す効果

成長ホルモンの分泌を促進アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
脳下垂体から分泌される成長ホルモンは病気にかかりにくい体を作ったり、傷の治りをスムー ズにしたりする効果が期待されています。

食欲抑制目的

また成長ホルモンには食欲を抑える働きがあると考えられ、食欲抑制剤にもアルギニンが加えられています。さらに脂肪の代謝を促して筋肉を強化する効果も期待でき、引き締まった体形作りの役に立ちます。

免疫力のアップ

アルギニンは私たちの体内で、免疫細胞のマクロファージが活性化するよう働きかけます。
マクロファージは、体に侵入してきた細菌やウイルスなどを食べてしまう白血球の一種です。マクロファージの働きが活性化すると、私たちの免疫力アップにもつながり、病気に負けない強い体を作り出すことが期待できます。
また、手術後の回復を促し、感染症合併の発生率を下げるものとして、アルギニンが加えられた輸液が使用されています。

疲労回復をサポート

運動で負荷を与えたラットにアルギニンを与えたところ、血中アンモニア濃度が低下したという実験結果があります。
アンモニアは運動したときに感じる疲労原因の一つです。アルギニンによりアンモニアの増加が抑えられ、疲労回復をサポートする働きが期待されます。

生活習慣病の予防

アルギニンは体内で一酸化窒素を作り出します。一酸化窒素は血管を拡張させるため、冷え症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など生活習慣病の予防効果が期待されています。

美容効果

美容 肌は表面から角質層、表皮層、真皮層に分かれており「肌が荒れている」というとき、ほとんどの場合は角質層のアミノ酸と水分不足が原因だといわれています。
そうなると、肌のバリア機能が低下してうるおいを失い、やがてひび割れなど皮膚のトラブルが生じる可能性があります。
アルギニンには角 質層を保湿する効果があり、アトピー性皮膚炎や老化による乾燥もアルギニン入りのクリームで改善がみられたという報告があります。

アルギニンの理想の摂取は?

1日に1~8gのアルギニンを摂ることで成長ホルモンの分泌促進、筋肉量の増加や体重・体脂肪の減少、血管拡張などの効果がみられたという報告があります。

食事から摂取場合は?

基本的には、毎日の食事のなかでコンスタントに摂取することが理想ですが なかなか難しいです。ここを解決してくれるのがアルギニン点滴です。

どんな人がアルギニン注射するといいの?

これについてはズバリ、疲れている人やバリバリ働きたい人が注射や点滴することをおすすめします。
最近ではアルギニンが入っているエナジードリンク(レッ○ブ○やモ○ス○ー)などをお仕事の前に飲む方がいらっしゃるかと思いますが、成分量として一般的に購入出来る物であるため微量となっております。やはり直接体内に入れることで最大限アルギニンの力を発揮します。
ちなみに当院では点滴で30g、注射で5gの含有量です。

体に直接入れて大丈夫なの?

アルギニン自体は体内で生成されているため、直接摂取しても問題ないと言われておりますが過剰摂取は気をつけた方が無難です。だからこそ当院では医師のもとしっかりと適切な量を点滴にて接種していただいております。

アルギニンの接種時間は?

当院では点滴にて接種して頂きますので、15分から30分程度で終わってしまいます。
当院でアルギニン点滴を行う方の多くは、手軽に披露回復や午後からの業務も円滑におこなうために
名駅近辺のビジネスマンの方がお昼休みに立ち寄られて、点滴をおこなって頂いております。

アルギニンのまとめ

体内で生成されると言われておりますが、大人になるにつれアルギニンが生成される量は減っていくと言われておりますが、現在ではエナジードリンクなどでも取り入れることが出来ますが、微量なため疲労回復などを目的にする場合は、時間もかからない点滴をおすすめ致します。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL