e-MAXとは

emax

e-MAXの機能

subtitle1 subtitle navi032_3 navi042_1

フォトRF光エネルギー+高周波(RF)について

01-top

光エネルギーは、メラニン色素の黒ずみや赤味といった 肌トラブルのみダイレクトに反応してダメージを与え、 高周波は光エネルギーをサポートするように働きます。 お肌全体のクスミが取れ、しみが消え、透き通るような クリアな肌へ。

【バージョンアップ】
光の波長を広げ、光の広がりの幅を縮小することで、 バージョンアップしたフォトRFです。 シミに特化したハンドピースであるため、深部のシミや、薄くて反応しにくいシミの治療に対応できます。

reform1

1.は 光エネルギーにより、周囲よりメラニン密度の高い色素斑を含む表皮のみにダメージを与え、コンタクトクーリングで正常な皮膚をガードします。このときRFエネルギーは、光エネルギーを補うように働きます。

2.と3.は、真皮上層に対する熱ダメージです。 光エネルギーは皮膚に深く入っていくと拡散していくため、真皮層に届くエネルギーは減衰してしまいます。もっと多くの光エネルギーは痛みが強くなるだけでなく、火傷のリスクも高まります。 フォトRFでは、RFエネルギーが表皮のメラニン量にかかわりなく、真皮上層の熱エネルギーを送り込みますので、痛みが軽減された治療です。

01-01

東洋人の表皮にはメラニンが多く存在するため、レーザーで治療を行う時、照射出力を上げていくと、強い痛みを伴い、表皮にダメージ(火傷)を与えてしまうこともあります。
フォトRFは光エネルギーを最小限に抑え、その補てんとしてRF(高周波)エネルギーを使用します。RFエネルギーは光とは異なり、メラニンや血管の分布と無関係に働きます。 したがって表皮のメラニン量に影響されず、真皮層へ熱エネルギーを与える事ができ、これにより光エネルギーによる痛みや火傷のリスグが抑えられ、肌や毛の色に影響されない治療ができます。

リファームST 赤外線(IR)+高周波(RF)について

02-top

お顔全体の皮膚を赤外線で加熱後、高周波によって真皮全体に均一な熱エネルギーを与えることで、 真皮深部まで密度の高い熱の帯を届けます。 肌のコラーゲンを再構築させ、若い頃のハリと弾力を取り戻し、 毛穴もキュッと引き締ります。

e-maxphoto1

フォトRFリファーム(赤外線+RF)のメカニズム

02-03

波長700~2000nmの赤外線(IR)とRFを組み合わせたフォトRFリファームは、皮膚を赤外線で加熱、その後RFによって真皮全体に均一な熱エネルギーを与えます。加熱された真皮全層の創傷治癒家庭におけるコラーゲンの増生・リモデリングにより、肌の引き締めやハリ感のアップを目指すスキンタイトニング治療です。
リファームで用いられる赤外線は色素への吸収はきわめて低いため、肌の色に影響されることなく真皮までエネルギーが到達し、真皮内で熱エネルギーに変換されます。
肌のハリ感、リフトアップが治療直後から現れ、治療を複数回繰り返すことで自己のコラーゲン増生・リモデリングが継続されます。

マトリックスIR+高周波(RF)

ダイオードレーザーをフラクショナル(細かい点状)化することで、 痛みやリスクを抑え、強力な熱エネルギーを皮膚深くに届けます。
真皮上層部を強力に加熱することが出来るため、即時的なコラーゲン収縮と増生による部分的なシワ治療に適しています。

フォトRFリファーム(ST)との違い

加熱温度、熱が及ぶ深度、面積が異なるため、これらのハンドピースを組み合わせてコンビネーション治療を行うことにより、より高い形状修復を目指します。

高いエネルギー密度による協力アプローチ

03-09
MatrixIRは6等分にレーザー照射することにより、エネルギー密度の高い熱の帯を作りだし、その結果、深達度を高め、高温の熱を与えます。 また、熱の影響を受けない正常な組織を残すことにより、スピーディな創傷治癒となり、副作用や痛みを軽減します。

脱毛ダイオードレーザー+高周波(RF)

04-top
普通の毛や硬毛の脱毛に向いているダイオードレーザーと、うぶ毛や白髪にも使えるRF(高周波)のコンビネーションによって これまで難しかった 白髪・茶毛・うぶ毛・色黒の皮膚の方まで少ない回数でスピーディーに脱毛することが出来ます。

レーザー脱毛とRF脱毛の違い

レーザー脱毛とRF脱毛ではメカニズムが違います。 毛はRF(高周波)を通さないため、熱は毛の周りを避けるように流れるため、毛の周囲のRF密度が高くなり、毛の再生組織にダイレクトに熱ダメージを与えることで、より脱毛することができます。