フラクショナルレーザーとは

『 CO2 (炭酸ガス)レーザー』が、お肌の入れ替えに適しているのは知られていましたが、 一度に広範囲の治療となる為、デリケートな日本人の肌には負担が大きいことが問題でした。 その点を考慮したのが、フラクショナルレーザーです。

点状に照射されるレーザーが皮膚に目に見えない程の微細な穴を開け、自己修復能力を向上させ、皮膚の剥皮と真皮内のコラーゲンの誕生をもたらします。

pentagon-razor

『ペンタゴングランドRF』は、CO2レーザーをフラクショナル化(微細な点状に照射)して照射することで、効率よく真皮層を熱変性させ、真皮組織の再構築やコラーゲンの増成により次の肌が作られます。

点状に照射された部分以外の皮膚に与える熱ダメージを最小限に抑えることができるため、同様のCO2フラクショナルレーザーと比較しても、照射直後の赤みや腫れなどのダウンタイムが大幅に軽減されています。

表皮の入れ替えによって肌の深部のコラーゲンもつくられ、ハリ感もアップします。 また、照射によって出来た微細な穴が治癒する際に皮膚が収縮します。

その収縮がタイトニングとなり、毛穴の引き締め、ニキビ痕の凹みを縮めることとなり 更にシミやシワなども緩和されます。

pentagon-razor2

フラクショナルレーザーと他製品との比較

スポットの大きさ

ペンタゴングランドRFは、1平方センチメートル面積当り、最小49個からの治療スポットを作り、表皮から真皮層まで熱ダメージを与えます。

image1

スポットが小さいため、周りの皮膚へのダメージを与える範囲が狭く、その分ダウンタイムも短くなります。

断面図

image2-1

他製品との比較資料

pdf

照射のしくみと経過

step1

細かい点状(ドット状)にレーザの熱が加わる

image1-1
image11

治療後の肌は、熱を帯び、赤みや軽度のムクミが生じます。 冷やしていただく事で、赤みが引きやすくなります。

ya step2

肌を修復する過程で皮膚の再生が行われます

image2-2
image22

ムクミは徐々に引いていきますが、赤みは、もうしばらく続きます。 治療後、2日目あたりからは、細かく無数のかさぶたが形成されるため、肌に触れるとザラザラした感じがします。
肌を修復し、再生が行われている状態ですので、かさぶたは無理に取らず、自然に剥がれるまで我慢してください。

ya step3

かさぶたが剥がれ、ツルツルのお肌へ

image3
image33

肌のターンオーバーにより、かさぶたが取れ始めます。
それに伴い、ザラザラ感もなくなり、ツルツルとした滑らかな肌になります。

ya step4

赤みや腫れは完全におさまり、2回目のペンタゴングランドRFを受られる時期です。
お肌全体の入れ替えを考慮すると、最低でも3~6回の施術が必要です。
1ヶ月に1度のペースで、治療を続けることが大切です。

※照射後のお肌は乾燥が強くなりますので、いつも以上に保湿とUVケアに心がけてください。

ペンタゴングランドRFを照射後のとっておきのスペシャルケア

『 CO2 (炭酸ガス)レーザー』が、お肌の入れ替えに適していることは知られていましたが、一度に広範囲の治療となる為、デリケートな日本人の肌には負担が大きいことが問題でした。
その点を考慮したのが、フラクショナルレーザーです。
RegenSkin SRSマスク(成長因子パック)
ペンタゴングランドRFの照射直後は、皮膚に無数の微細な穴が開いた状態です。
穴が閉じるまでの時間が、肌の中へ直接、成分を届けることができるゴールデンタイムです。
ゴールデンタイムをうまく利用し成長因子を効率よくグングンお肌に浸透させます。

RegenSkin SRSマスク(成長因子パック)とは・・

このマスクパックは、細胞レベルに影響し、組織に変形をもたらすサイトカインと呼ばれる物質の中でも、特に肌トラブルに対応できる6種類の成分を使用しています。
そのため、美白・美肌・細胞修正に特化し、肌の健康や、皮膚の老化防止のパックです。
このサイトカインの成分はアメリカの権威ある米国化粧品工業会(CTFA)より認可を受けているものです。
美肌はもちろん、レーザー(フラクショナルレーザー等)やピーリング後など、肌に与えたダメージを緩和させます。
施術後の赤みやムクミを抑える抗炎症の役割もあります。

image-1

● 肌のハリ

● 小ジワ

● カサカサの皮膚

● 肌の透明感

● 肌の潤い

● 毛穴の引き締め

● 肌のつや

● 刺激性、赤みの肌

徹底的な肌再生にこだわるための、RegenSkin SRSマスク(成長因子パック)を組み合わせたコースもあります。
『細胞再生』のスイッチをオンにするのが、成長因子
新しい細胞を作るためには、『成長因子』が不可欠。
年齢によって成長因子の分泌量が減少すると、細胞の老化が進みシワやタルミを作り続けます。
成長因子を補うことで、細胞レベルで活性化が図れ、若々しい細胞への再生が始まります。

施術料金

顔全体 1回 30,000円
2か月以内継続治療1回 24,000円
目の下 1回 18,000円
2か月以内継続治療1回 14,400円
両頬 1回 16,800円
2か月以内継続治療1回 13,440円
1回 8,400円
2か月以内継続治療1回 6,720円
両頬 + 鼻 1回 21,000円
2か月以内継続治療1回 16,800円
頚部 1回 25,200円
2か月以内継続治療1回 20,160円
成長因子パック 1回 5,000円