ボトックスとは?

筋肉の動きを止める薬剤ボトックスを注入することで、顔面表情筋や断面筋を弛緩させ、しわをできにくくします。注射後3日ほど経過するとその部分にシワがよらなくなります。 えらが張ってる人には顎をかむ時に使う咬筋(エラの部分の筋肉)にボトックスを影響させると、筋肉の収縮運動が無くなって筋肉がやせてスマートになります。

ボトックス注入後

注射して1から3日で皺が消え、腋や手や足の汗も同様に止まります。 継続の期間は約3~6ヶ月で、エラやふくらはぎの治療では1日から3日後に力こぶができなくなり、筋肉の萎縮は3週間ほどで明らかになってきます。

ボトックスの施術箇所

顔の表情ジワ額の横皺・眉間の縦皺・目尻のカラスの足跡・ 顎にできる梅干しジワ・唇の縦じわ、への字に下がった口角を上げるのにも向いています。 エラの縮小やふくらはぎの筋肉萎縮  わき・手のひら・足の裏の多汗 顔の毛穴の開き

ボトックスの症例写真

目尻:烏の足跡を消ししかめっ面を優しい表情に

0101b

施術前

0101a

施術後

眉間:不機嫌に見える眉間のしわを取り除きます

0202b

施術前

0202a

施術後

エラ:エラの筋肉を収縮させて小顔にします

0301b

施術前

0301a

施術後

ワキ:多汗症対策・ワキガを取り除きます

0401b

施術前

ボトックスは汗腺細胞からの汗の分泌を抑える働きがありますので、脇や手のひらや足の裏の多汗の治療におすすめです。

施術後

アゴ:梅干しわを除き シャープなアゴに

0501b

施術前

0501a

施術後

ボトックスの施術料金

眉間 30,000円
アゴ 30,000円
目尻 30,000円
30,000円
エラ 65,000円
65,000円
手の平 65,000円
足裏 65,000円
下腿部 85,000円

※表示価格は税抜価格です。

ボトックス注入法(輪郭)のトラブル一覧

A) 違和感がある・硬いものが噛めない
エラの筋肉の咬筋が動かなくなることによって一時的に注入部に違和感を生じます。
硬いものを噛み砕けなくなることがあります。

対応
1ヶ月程お待ちください。


B) 口がゆがむ・表情の左右差が出る
ボトックスがエラの筋肉(咬筋)だけではなく口元の筋肉にまで広がると、口のゆがみ、表情の左右差が出る場合があります。

対応
現在ボトックスを早く吸収させる薬品がない為、1 ヶ月から3 ヶ月程効果が減少するのをお待ち頂かなければなりません。


C) 感染(化膿する)
注入部位の熱感、痛み、腫れ、赤みが増し続けたり、その症状が長引く場合には感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は内服薬の処方、抗生剤の投与のため通院が必要になります。
稀ではありますが、感染がひどい場合には切開をして膿を出さなくてはなりません。


D) 頬がこけて見える・たるんで見える
咬筋が全体にやせると、その分頬がこけて見えることがあります。また、エラの出っ張りが小さくなりますと頬がたるんで見えることもあります。

対応
頬がこけたことが気になる場合には、ボトックスの小顔効果が消失するまで1 年程お待ち頂きますと元に戻ります。
その間、頬骨の下の凹みを目立たなくされたいとご希望なら、ヒアルロン酸を注入して膨らませることができます。
また次回エラにボトックス注射を受ける際には、咬筋の下半分に限局するように注射をさせて頂きますと、頬骨の下の凹みを減らすことができます。
エラの出っ張りがなくなったためにできるフェイスラインのたるみの修正をご希望の場合は、糸を使ったリフト(リードファインリフト・スプリングアプトス・シルエットリフト)やフェイスリフトをご案内させて頂きます。


E) 小顔効果が物足りない
ボトックスの量が足りなかったり、薬剤が筋肉内で十分に広がらなかったりしますと、咬筋の動きが止まらずに残ります。動きが残っていますと、筋肉はボリュームダウン致しません。
部分的に動きが残りますと、力を入れた時に不自然な凹凸を作ることがあります。小顔効果には個人差があります。筋肉のボリュームの大きな人ほど、縮小効果が大きくなります。筋肉が小さい人では、小顔効果も小さくなります。

対応
注入後3 週間を経過しても筋肉の動きが残っている場合、ボトックスの効果が足りませんので、再びボトックス注射を受けることをおすすめ致します。
ボトックスの小顔効果には個人差があり、ご希望通りの小顔になれないことがありますことをご了承下さい。エラの骨が出っ張っている場合は、エラの骨削りをおすすめ致します。


F) 耐性が生じる
稀ではありますが、ボトックス治療を繰り返すうちに、体質によりボトックスに対し耐性が生じ、効果が出なくなることがあります。

対応
現在市販されているボトックス製剤は数種類あります。
一剤に耐性ができても、他の製剤で対応できる場合がございます。