ホルモン治療

ホルモン治療とは?

20才代をピークとしてホルモン分泌が徐々に減り始めます。そして50才前後ではホルモン分泌が激減します。
それに伴い女性は、閉経を迎えます。この閉経の前後10年間くらいが女性の更年期の時期にあたります。ホルモンの分泌が減少し始めると、自律神経の働きに乱れが生じ、「更年期障害」の症状が起こるようになります。
女性の更年期障害は急激な進行を見せることが多いです。
また、男性の更年期障害はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)といい、40歳前後から緩やかに症状が進行します。原因は男性ホルモンであるテストステロンの低下が原因ですが、加齢に伴う体の状態・ストレス・環境などの要因が絡み合って様々な症状を呈します。

女性の更年期障害

kounenki1

身体症状

ホットフラッシュ(ほてり)、発汗、動悸、息切れ、冷え性、頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、肩こり

精神症状

不眠、不安感、疲労感、イライラ感、怒りっぽい、抑うつ

ホルモンの種類

horumon1

女性ホルモン

更年期症状がある。
お肌のうるおいを取り戻したい。

horumon3

成長ホルモン

若々しくあり続けたい。

horumon2

睡眠ホルモン

寝ても疲れが取れない。
寝つきが悪い。

治療方法

急激なホルモンの減少に対して、必要最小限のホルモンを補充して、その進行をゆるやかなものにして、 不足することにより現れる症状を軽減し、減少したホルモン環境に身体を適合させていく手助けとなる治療です。

ホルモン補充療法の施術料金

女性ホルモン お問い合わせ下さい。
男性ホルモン お問い合わせ下さい。
成長ホルモン お問い合わせ下さい。
睡眠ホルモン お問い合わせ下さい。

ヴェリテチャンネル

ヴェリテチャンネルへ

ドクターについて

医者にとって一番大切なことは患者さんとの信頼関係を築いていくことです。
その為には1人1人の患者さんに最適な医療を提供していくことと考えています。

医者にとって一番大切なことは患者さんとの信頼関係を築いていくことです。
その為に一人一人の患者さんに最適な医療を提供していきます。

李 政秀

ヴェリテクリニック 名古屋 院長
李 政秀

患者様の笑顔やポジティブな気持ちを引き出し、人生をより楽しんでいただきたいと思っております。
医学的根拠に基づいた治療を自信を持って提供できるよう、全力を尽くします。

八杉 悠

ヴェリテクリニック 医師
八杉 悠

患者様にとって「医療としての美容外科、美のホームドクターでありたい」をモットーに、日々診療に励んでおります。あなたの悩み・不安な事をお聞かせ下さい。

三苫 葉子

ヴェリテクリニック 医師
三苫 葉子

患者様の思う「理想の自分」を正確に理解し、共有し、具現化させることにより患者様の「理想」を表現すべく努めます。

田中 宏典

ヴェリテクリニック 非常勤医師
田中 宏典

患者様に寄り添い、満足へとつながるよう最適な治療の提案をしていきます。

梅本 泰孝

ヴェリテクリニック 非常勤医師
梅本 泰孝

顔のコンプレックスは、コミュニケーションの役割を妨げていると思います。そのコンプレックスを取り除いてさしあげていくことが美容整形の使命と考えています。

福田 慶三

ヴェリテクリニック 理事長
福田 慶三

スタッフブログ

アクセス

ヴェリテクリニック名古屋院

愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23
第三堀内ビルディング11階

お電話での
お問合せやご予約

0120-451-170

受付時間 10:00〜19:00

お電話からはこちら

メールでの
お問合せやご予約

専門のスタッフが丁寧にご質問に
お答えさせて頂きます。
お気軽にお問合せください。

スタッフ紹介
よくある質問
施術一覧
お悩み別施術一覧
クリニックについて
施術料金
リクルート